Monthly Archives: 6月 2014

ネットFAXは小銭がなくても送れるから便利

コンビニFAX高い。しかもFAXするとなったら(ウチにないから)コンビニ行かなくちゃいけない。ここ最近、個人宅でFAX引いてるところ少なそう。コンビニのコピー機とか、お店行かないとなんだよな。既に解決してそうだけど。とりあえずやる気になったら今日中にコンビニ行ってFAX送ろう。常識の質問だと思うんだけどFAXの番号入力の時で(ー)この横棒必要なのかな。コンビニで初FAX送ったからよくわからない。なんで郵送だめなんだろ。FAXとかコンビニ行かないといけないのに。バールだハンマーだのゲートにある。そんなん買ってコンビニのFAX金なくて出来ないってなんだよ。コンビニ行ってFAX送らなきゃなのにお金降ろさないとFAXすら送れない。FAXがなくてもコンビニで送れるから、ハジ→と水8への想いを、自分の字で伝える。もちろんメールでもしっかり想いは伝わると思けど。それぞれのありのままの字で書いたおたよりだともっと伝わると思うしな。

FAXするの忘れてた。もう家出たのに。コンビニってFAX送るしかないのか。書類作成完了。今からコンビニ行ってFAX送れば仕事終わる。資料は各々にまとめて渡すようにして、FAXは財布はたいてコンビニから送るようにすればなんとかなるか。写真整理あとにすればよかった。先にこっちやってからコンビニでFAXすれば良かった。こういう時FAXないの不便だ。目黒駅アトレ2の地階に目黒区役所の出張所がある。便利なサービスなんだけど、今朝、旅券申請のために戸籍抄本を取ろうと窓口で確認したら、FAXが故障してて発給出来ないとのこと、申請書の送付にFAXを使っているのだろうが、スキャンしてネット経由ではないな、ということを確認した。

コンビニFAXは高年齢層には難しい

またFAXするの忘れた。いまから爪きれいきれいしてからコンビニでも行ってこよ。コンビニでFAXって送れたっけね。新宿のファミマLOVE。免許証、名古屋の稽古で宿を借りるので必要という事で、出先から急遽FAXしたんだけど、その当時まだ台本執筆も終わってなくて意識が朦朧としてたから、おもっきりコンビニに忘れてた。一週間も気づかなかったのに、取っててくれて、15日も預かってくれた。コンビニでFAX送ってて送信エラーがでて『え?』って言ったら、店員が『草不可避』ってボソッと言ってきて、もう一回『え?』ってなったのが今日のダイジェスト。コンビニにFAXと封筒送った。用事すんだ。後は管理会社に電話だな。だるいな。

コンビニのFAXとかだと無理な感じなんだろうか。あとはコンビニでFAXする恥ずかしさを乗り越えるだけだ。セーブオンとかいうローカルコンビニ、FAXおいてなくてブチ切れてる。ジャパングランプリのワークショップ申込み書。今日から申込み開始ということで0時にコンビニへ走りFAXしてきた。先着順だから善は急げ。コンビニでおばあちゃんが店員に教わりながらFAXを送信したあとに一言「紙、残ってるよ!」…おばあちゃん、紙まで先方に送られたら、それテレポーテーションだから。集まり無視して行かなかった。だからFAX送らなきゃだけどめんどくさい。家普通に帰ってきたし。これからコンビニ行って送るか。めんどくさい。とりあえずせんべい食べる。FAX忘れてた。ジャンプ改廃刊とFAX不通とコンビニ店員たちの恋愛ゴシップでMy脳キャパオーバー。お客様先のFAXなんて使えないって言うからコンビニでFAX送るよう指示したらお金がなくてFAXできないと言われた。

コンビニのコピーは原稿を忘れがちに

わざわざコンビニでFAX送るのめんどくさいという結論。初めてコンビニでFAXを受け取ってコンビニでFAXを送信。便利な世の中だ。勢いで履歴書買って書いてFAX。証明写真、ひどい顔で写ってた。はさみ貸してくれたコンビニの青年ありがとう。爽やかボーイ。誰かに背中押されると、自分やれちゃうんだろうな。取り得はさらりとした軽さ。コンビニのコピー機に原稿忘れとかよく聞くけど学生時代相方と間違えて同期の男の子に原稿FAXした自分よりは辛くないと思う。クラブの面接で祇園から帰るのに鴨川を延々とあるいて、疲れたら寝転がっていろいろ考えて泣いて、コンビニ寄って親権者変更の書類FAXして、変なおっさんにつきまとわれて最近いつやったの?など聞かれて最悪の気分だった。頻度が少なければコンビニのFAXを利用する方法もああるけど、少し面倒。パソコンから直接・・・最近聞かないな。モデム必須。

常識の質問だと思うんだけどFAXの番号入力の時で(ー)この横棒必要なのかな。コンビニで初FAX送ったからよくわからない。ネットも面倒くさいの局地。パソ苦手だからと頼まれて操作覚えるためにこれまた付き合って入った無料版の当時のgooとかYahoo!の婚活。身元証明は免許証のFAX程度だった。300通ぐらいメールがきて読むだけで必死だったのに半年後30代になったら20通になった。よく間違いFAXを送って来ていた陶磁器の原材料屋さんがすぐ近くで感慨深い。PC壊れてメールにデータ添付出来ないからFAXで送ればいいかと思ったら”メールか郵送”の指定だった件。宿題は提出期限最終日にちゃちゃっとやっつけるタイプ。6ページ減らせた。明後日にはFAX送れるように頑張ろう。メールとFAXわすれてる。仕事多過ぎるしあいつは仕事してないし給料同額むしろ自分より上だし。

コンビニが遠いとFAXが面倒

帰りにコンビニ寄らなないと。FAXさん。迷惑FAXの一つの正体が分かった。03-5657-6055(他)からいきなりFAX着信(数回)。いつもの迷惑FAXだなと思って受けなかった。実は知り合いが東北・郡部のコンビニからの送信だったようだった。東北地方からなのに03とは。そういうものなんだ…。雨だな。今日は申請書をFAXする為にコンビニ行かなきゃなんだけど。超辺鄙な田舎在住者がコンビニ行くにはバス使わなきゃなんだ。自宅からバス停まで1km以上歩かなきゃなんだ。「コンビニ行く☆」で気軽に徒歩で行ける人が羨ましい。ぐぐってコンビニでFAXできるか調べよう。家にFAXが無いからお父さんにコンビニまで走ってもらった経験有り。あの時は生きた心地がしなかったな。

コピー機の様子がおかしい。コンビニ行ってFAXしなきゃ。帰宅までのハイライト。停留所つく→雨弱い→小走りで帰宅→今日中に送っておきたかったFAXを忘れたことに気づく→傘持って近くのコンビニに走る(既に大雨)→FAX送って帰る頃には道路がほぼ川→足元中心にびしょ濡れ。家のFAXで抗議するのとコンビニのFAXで抗議するのはどっちがいいんだろ。コンビニ行って紅楼夢の支払いと合宿免許のFAXを済ませる気力をくれ。大学に午前中に出さないといけない奨学金の書類を昨日コンビニのFAXで送ってもらったんにそれ今朝やったら親が10桁の番号間違えててできなくて親に電話したら番号わからないし仕事だからもう無理って切られた。最寄りのコンビニからFAX送ろうとする→送れない→番号間違ってるのかなあ?→確認のため家に戻る→やっぱり合ってた→また最寄りのコンビニ行く→10回以上やっても送れない→離れたコンビニ行く… みたいなことやっててかなり無駄に歩いてしまった 仕事帰りでそれでなくても疲れているのに。