Monthly Archives: 10月 2014

SSDとHDDのどちらがお買い得?

ファイルを保存するパーツであるハードディスク。最近はハードディスクではなく、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を標準搭載するパソコンが徐々に出回り始めています。では、ハードディスクとSSD、どちらを搭載するモデルを購入すればいいのでしょう。

それぞれメリットとデメリットがあります。まずはハードディスク。安価ながら大容量モデルを購入できる点がメリットです。動画や画像などを大量に保存する場合、ハードディスクを使うのが好ましいでしょう。1TBを搭載するモデルなども登場しており、個人でも大容量ディスクを気軽に扱えるようになっています。

デメリットは遅いこと。ファイルを読み込む、書き込むといった作業が遅く、イライラすることもしばしば。瞬時にファイルを開きたい、アプリケーションを起動したいなどのケースでは、必ずしもハードディスクは向きません。

これに対しSSDはハードディスクの反対の性質を持っています。大容量化したモデルは高額になりやすく、おいそれと1TBをSSDにすることはできません。例えば、頻繁に利用するファイルは小容量の分だけSSDに保存し、あまり利用しないファイルは大容量のハードディスクに保存するように使い分けて使うのが好ましいでしょう。ゲーム用BTOパソコンなら毎日プレイするオンラインゲームだけをSSDにインストールして、他のゲームはHDDに保存しておくのがおすすめです。

メリットは高速である点。ハードディスクより高速で、ファイルの読み書きやアプリケーションの起動が速くなります。重いファイルやアプリケーションだけSSDに格納しておけば、普段の遅いイライラが少なくなるでしょう。双方のメリットとデメリットを理解し、ふさわしいファイルやアプリを保存するようにしましょう。